学科長メッセージ

産業マネジメント学科には、ミクロ経済学、情報産業論、経営工学、マーケティング論といった経済学、経営学分野をカバーする教員が所属しています。教育プログラムでは、体系的に学ぶことができるようなカリキュラムを編成するとともに、理論的な専門教育と課題解決型実践教育を連動させるよう構成しています。
社会は常に変化しています。例えば人口減少が進行した場合、地域で暮らす人々の生活や企業、自治体はどのような影響を受けるでしょうか。このような変化や、そこで生じる問題の多くは経済・経営とつながっています。問題の原因を探り解決の方向性を考え、解決したいと願う皆さんのために、産業マネジメント学科は新しい教育プログラムを提供しています。そして将来、地域に欠かすことのできない人材になっていて欲しいと考えています。
産業構造が大きく変化している中で、従来の専門技術や生産方法だけでは解決できない課題が山積しています。産業イノベーション学科には、愛媛県の地域産業を題材に海洋生産科学、紙産業、ものづくりの3コースが設置されています。コースの特色や専門性はありますが、個々の専門知識のみならず、経営・管理、市場・経済などの知識を得ることで横断的な広い学問知を学べます。一方、様々な専門家やステークホルダーと協働する実践知も数多く体験できます。この二つの知をバランス良く身に付け、複雑な産業課題を解決するための最適解を導いてみませんか。文系理系といった枠組みを取り払い、多様な考えを結び付けたイノベーションを創り上げましょう。
「人と自然が調和する持続可能な社会」とはどんな社会でしょう?身近なところに豊かな自然を感じられて、信頼できる人々と楽しく暮らせて、大きな地震が起きても安心で・・・人によって色々なことを思い浮かべるでしょう。いずれにしても、こうした社会は一つの技術だけではできないので、自然環境と社会環境を総合的に考え、デザインすることによって、地域社会の諸課題を解決していくことができる人が求められています。環境デザイン学科では、環境、まちづくり、防災に関する幅広い専門的な知識を身に付けつつ、いろいろな立場の人たちと一緒によりよい地域社会の将来像をデザインし、それに向けて実践していく活動を行っています。大学で、より広く、より深く考え、チャレンジしていきましょう!
日本は、四季に彩られ、特有の地域資源に溢れている国です。地域資源とは、地域に存在する特徴的な自然、人的なもの、文化的なものを意味します。あなたの「まち」には、どのような地域資源がありますか? 実は、日本の各地には、未だ気づいていない資源や地域の活性化に十分活用されていない資源がたくさんあります。地域資源の研究は、探求し、活用し、地域の人々と協働することによって、その喜びを分かち合えることが、最大の魅力です。地域資源マネジメント学科では、実践的な教育方法を用いて、農山漁村、文化・観光、スポーツ・健康の知を学び、地域の未来を拓くマネジメント力を幅広く身に付けます。そしてここでの学びは、将来、やりがいのある社会に貢献できる仕事につながっていきます。教員もどんどん地域に出て活躍しています。皆さん、私たちと一緒に、輝く地域の創造に取り組んでみませんか。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.