在学生メッセージ

現在、日本の様々な地域で、人口流出や少子高齢化などによる地域の衰退を食い止めようと多くの活動が行われています。私自身、人口が少なく、森林、農地が多い「地方」出身者であるということもあり、このような地域が衰退せずに今後も存続していけるのか、またどのような取り組みを行えば、活性化を図っていけるのかということに興味を持っていました。また、地域の現状・課題を発見する力、解決する力を身に付けたいと考え、産業マネジメント学科に進学しました。
1年次には、リーダーシップ、経営、マーケティング、簿記、愛媛県の地域における諸課題等について学ぶほか、初年次プロジェクト演習では、地域産業の課題解決に必要な情報を、適切な調査・分析方法を用いて収集・整理・分析することを学んだ上で、実際に課題解決に向けた企画・立案を行うなど、幅広く学ぶことができます。2年次には、地域の経済、企業システム等について学ぶほか、インターンシップ入門では、企業等での実習をとおして「働く」ということを考える機会があります。また、フィールド実習では、現地調査をとおして地域の活動や資源、課題等を把握し、住民と共有するなど、専門的に学ぶことができます。
地域の活性化に興味を持っている方、幅広い経済に興味のある方、起業を考えている方、商業の知識を活かしたい方は、幅広い知識を学ぶことができる産業マネジメント学科で学んでみてはどうでしょうか。

私は、水産業に興味があり、大学では水産のことについて勉強したいと考えていました。その中で、愛媛大学が行っているスマの研究にとても魅力を感じ、産業イノベーション学科に進学しました。
1回生では、地域の課題解決に向けた基礎的な知識を学びながら、グループでフィールドワークを行い、地域調査の手法を実際に体験しながら学びました。さらに、学科必修科目である産業技術調査や各コースの概論で、海洋、紙産業、ものづくりの3つのコースごとの産業の特色や、地域性などについて学びました。2回生では、コースに配属され、専門的な科目を勉強しています。私は、志望していた海洋生産科学コースに配属されたので、水産社会学などを勉強しています。実習が他の学科よりとても多く、大変なこともありますが、座学で勉強したことをすぐに実習に活かせるので、自分のできることが増えてきていると感じています。
3回生では、キャンパスが愛南町にある「うみらいく愛南」に変わりますので、ここでしか学べないことを勉強できると思うと、今からとても楽しみです。
私の学科は海洋だけでなく、紙産業、ものづくりのコースもあります。私の学科の特徴はこの3つの分野をすべて勉強できることです。興味の幅も広がり、新しい価値を生み出すことがきっとできると思います。皆さんもこの3つのコースを通して新しい価値を生み出してみませんか?

私は両親が阪神・淡路大震災を経験しており、小さいころからその話を耳にしていたので、高校生の頃には漠然と防災や災害について興味を抱くようになっていました。そこで、大学では防災や災害について深く学びたいと思い、地域デザイン・防災コースのある環境デザイン学科に進学しました。
入学後に驚いたことは、環境デザインという学問の幅広さと奥深さです。一般的に環境というと、自然環境が思い浮かびますが、環境デザインにおける「環境」は私たちの周囲を取り巻くすべてのものやしくみを含むとても広い概念です。そのため、環境デザイン学科では、自然環境だけではなく、都市的な環境やこれらを支えるしくみなど、環境にかかわる事柄を横断的に学びます。また、環境を学ぶとなると理工系分野を想定しがちですが、環境デザイン学科は文理融合の教育なので、文系出身の私でも全く問題ありません。私は講義を受ける中で環境デザインの視点の1つである「持続可能性」に興味を持ったので、進学時の志望とは異なる環境サステナビリティコースを専攻しています。今後は「持続可能性」の観点から、防災や災害について深く学んでいこうと考えています。大学生活は学業も含めて「楽しい」の一言に尽きます。なにより学科の友人にとても恵まれており、環境デザイン学科に入学して本当に良かったと感じています。
誤解を恐れずに言えば、環境デザインのテーマは、文系理系問わず、考え方次第で何でもあり、です。これが環境デザインの魅力だと思います。とにかく環境に興味がある、という高校生の皆さんは環境デザイン学科に来てください!

私が地域づくりに興味を持ったきっかけは、幼いころから参加してきた地域行事や地域活動です。参加当初は、地域について新しく発見することが何よりの楽しみでしたが、次第に地域の良さをもっと多くの人に知ってもらいたいと考えるようになりました。一方で、行事等の運営について知る機会が増えると、地域が抱える課題も多く見えてきました。そのような課題を解決したいという想いが強まり、そのための知識や経験を学ぶことができる地域資源マネジメント学科に進学しました。
1回生では、地域の現状を知り、様々な視点から課題をみつめ、地域資源を活かす可能性についてグループ学習を通して議論を深めました。2回生になり、地域と関わる機会が増えると、様々な立場の人と関わるようになり、地域住民が自分の地域の歴史や文化を学び、その魅力を活かすための地元学や社会教育について関心が高まりました。現在は、松山市の三津浜地区で子供たちのための地元学習活動(三津浜ものしり博士講座)に地域と協働で取り組みながら、若い世代が地域づくりに関心をもつための仕組みづくりについて学んでいます。
今まで自分が知らなかったことに出会う瞬間は、いつでも胸が高鳴ります。大学では自分の興味のある分野について、専門的に学ぶチャンスがたくさんあります。この「地域資源」が、地域の課題解決への糸口になるかもしれません。皆さんも様々なことに関心を持ち、私たちと一緒に地域の魅力を探りましょう。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.