環境デザイン学科 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー(CP))

環境デザイン学科では、環境デザインに関わるフィールド実習に基づく課題解決型学習をカリキュラムの基軸に据えて、その実践的課題解決に必要な関連基礎・専門科目を有機的に学びます。

  1. 学科必修・選択必修科目では、環境デザインに関する基礎知識を学んだ上で環境サステナビリティ領域と地域デザイン・防災領域において、地域社会・環境に関する課題について、体系的かつ実践的に学ぶ。特に、学科の共通分野として、自然環境・社会環境・人間活動の相互関係を総合的に理解する専門科目を学びます。
  1. 理論と実践をバランスよく学び、地域社会・環境に関連する課題を発見・解決する能力を修得するため、学科共通のフィールドワーク科目及びインターンシップ科目を配置します。
  1. 履修コース科目の選択科目では、各領域において理系、文系の横断的知識やさらに深化した専門知識を修得します。特に、環境サステナビリティコースでは、環境影響評価分野と環境保全分野に関わる専門科目、地域デザイン・防災コースでは、地域政策デザイン分野と地域空間デザイン分野に関わる専門科目を配置します。
  1. 履修コース科目において、他分野における人間と環境の相互関係の捉え方を理解し、デザインするための基礎的・応用的知識を修得するため、他学部科目の履修を推奨します。

 

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.