産業イノベーション学科 入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー(AP))

産業イノベーション学科では以下の入学者受入方針を定め、これに基づき、総合問題、面接、グループディスカッション、活動報告書・志望理由書・調査書により評価するアドミッション・オフィス入試(AO入試)Ⅰによる入学者選抜を実施します。

<求める入学者像>

知識

  1. 高等学校で履修する範囲の基礎学力又は水産業や工業などに関する知識を有している。

思考・判断

  1. 目標を達成するために、産業に関わる様々な事象を多面的に考察し、論理的・総合的な考え方と判断ができる。

興味・関心・意欲・協働

  1. 地域社会の持続可能な発展に関心を持ち、水産業・紙産業・ものづくり等の産業イノベーションに積極的に関わろうとする意欲と熱意を有している。
  2. 様々な人々とグループワークをしながら、主体的に産業の問題の発見とその解決に取り組む姿勢を有している。

技能・表現

  1. 他者の意見を理解し、自己の考えを口頭又は文書でわかりやすく表現できる。

 

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.