地域資源マネジメント学科 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー(DP))

<学習の到達目標>

知識・実技

  1. 地域資源に関する基礎知識と農山漁村の特長ある産業、文化・観光、スポーツ・健康に関する専門的知識及び実技力を修得し、これらの知識や収集した情報を活用する実践力を身に付けている。

思考・判断

  1. 地域社会で生じる諸課題を発見し、その課題を解決に向けて的確に考察し、資源活用の観点から総合的判断ができる。

興味・関心・意欲・協働

  1. 地域資源を活用した地域社会の再生と活性化に、自ら積極的に関心をもち続けることができる。
  2. 地域資源を活用した地域社会の再生と活性化へと導こうとする意欲を有し、地域社会の諸課題の解決に取り組むことができる。

技能・表現

  1. 地域資源を活用した地域社会の再生と活性化に必要な情報を収集・整理・分析できる。
  2. 自己の思考・判断のプロセス及び結果を他者にわかりやすくプレゼンテーションできる。

リーダーシップ

  1. 地域資源を活用した地域社会の再生と活性化に向けて、サーバントリーダーシップを発揮することができる。

 

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.