産業マネジメント学科

経済・経営の力で地域を変える

地域経済を構成する企業・住民・自治体などの要素と、
企業を構成するヒト・モノ・カネ・情報といった
経営資源について学ぶと同時に、
これらを実社会で適切にマネジメントする能力を養うために、
地域産業や地域企業と連携して各種プロジェクトの実践を行います。
これらの教育を通じて、企業・組織を共に盛り上げ、
事業を共に革新する人材を育成します。

産業マネジメントコース

グローバル化が進展する現在、地域社会とそれを支える地域経済が世界と結びつく場面は増加しており、それに伴って地域のあり方は大きく変化しつつあります。一方、愛媛県では急速な少子高齢化の進展により、地域経済が一段と疲弊しており、これまで以上に多様な課題に対処することを迫られています。
本コースでは、地域産業及び経済・情報に関する科目を中心に履修し、そこで身に付けた知識・能力を生かして実践フィールドに赴き、地域産業の課題解決を実践するマネジメント力を身に付けます。

初年次プロジェクト演習

産業マネジメントコース

愛媛県をはじめとした地域産業の多くにおいて、事業者数の減少や担い手不足によって、事業の成長に陰りが生じている企業が見られます。また、変化する環境に対応するために新規事業を創出しても、それを軌道に乗せるための人材や組織能力が不足している地域企業も多く存在しています。
本コースでは、マネジメント及び会計・財務に関する科目を中心に履修し、さらに実践的な能力を養成するために地域のステークホルダーと協働することにより、新事業の構想・創出に関わる知識と実践力を身に付けます。

初年次プロジェクト演習

Curriculum -カリキュラム-

カリキュラムポリシー

Curriculum-カリキュラム-

Admission -入試-

アドミッション・ポリシー

Future Career -予想される進路-

ディプロマ・ポリシー

  • 製造・サービス関係の民間企業
  • 金融機関
  • 国税専門官など専門性の強い公務員
  • 税理士 など

産業や企業を通して地域を考える

大学で学ぶ目的の1つは、社会に出るためのスキルを身に付けることです。それでは、地域経済を担う企業を例にして考えてみましょう。
みなさんが地域企業の経営者または管理者だと仮定すると、従業員のやる気を引き出すためのマネジメントの手法を知っている方が有利ですよね。また、今後の事業展開を模索するために経済動向を的確に把握することも重要になるでしょ。このように、地域企業の活動で生じる複雑な社会現象を分析するためには、経営学や経済学の知識が不可欠です。
産業マネジメント学科は、地域企業に関する理論と実践を学べる「産業マネジメントコース」と「事業創造コース」があります。各々のコースでは、異なった側面から経営学や経済学を体系的に学習できるカリキュラムが整備されています。私たちと一緒に地域企業について考えてみませんか!

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.