産業イノベーション学科

地域と共に考え行動し、未来の産業を切り拓く

農学系・工学系の学問領域を踏まえた新たな教育体系をベースとし、
愛媛県の特色でもある水産業・紙産業・ものづくり産業を
中心とした教育を通じ、日本の産業社会において、
技術・技能、経営に関して改善提案できる、
未来の産業を切り拓く人材を育成します。

海洋生産科学コース

世界的な人口急増のなかで、水産業の果たす役割と意義、さらに、養殖業の使命は今後、益々大きくなっていく一方で、愛媛県における水産業の衰退が課題となっています。このために、生産技術・海洋環境・流通システムの開発など水産振興に向けた研究開発と人材育成が求められています。
本コースでは水産に関わる「生命科学」・「環境科学」・「社会科学」の3つの領域を通して、専門領域を超えた、幅広い高度な海洋生産科学の専門的な知識と理論を学びます。そして、地域密着型の先端的な研究施設である南予水産研究センター(愛媛県南宇和郡愛南町)と密接に連携しながら、南予地域を中心としたフィールドワークやインターンシップ、実験・実習を系統的に行い、地域水産業の諸課題解決に導く実践的な能力を身に付けます。

次世代水産イノベーション論

紙産業

近年、紙産業界は経済のグローバル化が急速に進んでいるほか、愛媛県では急速な高齢化に伴う、技術者不足が深刻な状況にあります。このため、複雑多様化する紙産業の将来に対応するためには、企業活動の更なる発展に向けた研究開発機能の強化と、それを支える人材養成が求められています。
本コースでは、製紙技術論、紙加工製品技術論等の「技術」に関する科目と、マネジメントやマーケティング等の「技術経営」に関する専門的科目を学ぶとともに、紙や紙産業の現場を理解するために企業見学や実習を多く取り入れ、自らの「五感」を使った学習を通じて紙製品の製造や経営に関する実践力を身に付けます。

製紙技術論、工場見学、紙産業基礎演習

ものづくりコース

愛媛県の産業界では、経済のグローバル化や高度に発達した産業・流通システム、生産過程の複雑化に加え、急速な高齢化に伴う、技術者不足への対応が重要な課題となっています。このため、製品の設計から生産、経営、環境に精通したストーリーを描き、それらのプロセスや結果を説明できる地域産業の担い手となるエンジニアが求められています。
本コースでは、設計、加工、回路設計、メカトロニクスなどの専門科目と各専門科目に対応した実験・実習・演習を学ぶことに加え、地域産業の技術課題の解決を試みる課題解決型学習教育や地域密着型体験学習を通じて、設計・製造からマーケティングまでを一貫して考える実践的な技能を身に付けます。

ものづくりセミナーI

Curriculum -カリキュラム-

カリキュラムポリシー

Curriculum-カリキュラム-

Admission -入試-

アドミッション・ポリシー

Future Career -予想される進路-

ディプロマ・ポリシー

  • 水産関連の民間企業
  • 紙関係の民間企業
  • 機械電気関連の民間企業
  • 水産系・地場産業に強い公務員
  • 研究機関 など

未来の地域産業界を支える人材に

近年、産業社会の急速な技術革新やグローバル化が進む中で、将来の産業界を支える人材の育成が急務となっています。愛媛県の地域産業においても、現場の技術を継承し、さらには新技術や新製品の開発を通じて、地域産業を発展させることのできる人材が求められています。産業イノベーション学科では、水産業、紙産業、ものづくり産業の盛んな南予、東予、中予地域を学びの場として、各産業に関する専門知識の習得に加えて、産業の現場に密着したフィールド実習やプロジェクト演習、各コースの専門的な実験・実習を通じて、知識を活用する力や課題を発見して解決する力を養います。ぜひ、われわれと一緒に、地域産業を盛り上げていきましょう。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.