教員一覧

学科で絞り込み: 学問領域で絞り込み:
  • 松原 孝博

    MATSUBARA Takahiro

    専門分野:水産生物環境学

    学べること

    日本屈指の魚類養殖基地愛媛で安心・安全な水産物を持続的に供給する責任を果たすため、養殖システムに新たなイノベーションをもたらす研究開発に携わり、地域と連携して産業の発展に貢献する術を皆で学びます。

    ひとこと

    水産業は魚食文化を持つ日本の食卓を支えていく、取り組み甲斐のある産業です。自分たちの手で未来に向けて安定した水産物供給が果たせるような仕組みを作っていきませんか。

  • 若林 良和

    WAKABAYASHI Yoshikazu

    専門分野:水産社会学

    学べること

    1.漁村など地域の社会構造と生活文化、2.フードシステムをもとにした水産振興、3.ぎょしょく教育による地域理解教育と漁村コミュニティの活性化、4.カツオに関するトランスディシプリナリー研究

    ひとこと

    海を舞台に、魚と人のフィールドワークに魅了されて約35年。フィールドでの体験から、新たな価値を共に創出しよう! 語らい~働きかけを通した学びの素晴らしさ、水産・地域社会研究の面白さを共に実感しよう!!

  • 内村 浩美

    UCHIMURA Hiromi

    専門分野:紙産業技術

    学べること

    紙の機能と紙製品の拡がり(いろんな紙があるよ!)、紙の作り方(製造技術)と紙加工技術、紙の特性評価、特殊な機能を持った機能紙の開発技術

    ひとこと

    紙の材料や科学の力を活用して、「おもしろい紙」を開発してみませんか?

    技術開発&製品開発は楽しいですよ!一緒にチャレンジしよう!

  • 後藤 理恵

    GOTO Rie

    専門分野:生物科学

    学べること

    新たな養殖魚として”スマ”の養殖技術開発の研究を行っています。発生、成熟、産卵など繁殖生理学に基づいた海産魚の養殖システムや発生工学的技術を駆使した育種開発についての知識や技術を学び、環境への負荷の少ない持続的な養殖産業の在り方を考えます。

    ひとこと

    地域活性化に必要なのは”ひと”です。南予の美しい自然と豊かな資源の価値を知り、守り、そして産業へと活かすことに熱意のある人、一緒に学びましょう。

  • 福垣内 暁

    FUKUGAICHI Satoru

    専門分野:機能性無機材料

    学べること

    製紙工程で排出される廃棄物のリサイクル技術、紙に機能を持たせるための材料開発、紙に使われる材料の分析

    ひとこと

    製紙業界にとって急務の課題である廃棄物のリサイクル研究や紙に機能を付与する研究を一緒にしませんか?紙分野は学んだことを即実践可能ですし何よりわくわくすることがいっぱいですよ。

  • 深堀 秀史

    FUKAHORI Shuji

    専門分野:木質工学

    学べること

    光触媒や吸着材等の機能性を配合した機能紙の開発とその利用方法

    ひとこと

    紙は一見すると地味な材料ですが、私達のアイデア一つで環境浄化からエネルギー生産まで、幅広い分野に応用できる可能性を秘めています。私達と一緒に、次世代の紙の開発に挑戦しませんか?

  • 秀野 晃大

    HIDENO Akihiro

    専門分野:バイオプロセス

    学べること

    バイオマスの利活用法、ナノセルロース生産・活用法、パルプおよび紙の作り方、バイオエネルギー生産、木材成分分離・分析法、酵素生産・利用法、微生物の単離・育種・培養法、カビの遺伝子発現解析技術

    ひとこと

    紙産業は、木材というバイオマスを活用した産業において最も成功した事例の一つです。この成功事例を大学と現場で学びながら、将来の新しいバイオマス活用産業を創る為に一緒に考え、研究しませんか?

  • 香月 敏孝

    KATSUKI Toshitaka

    専門分野:農業構造論

    学べること

    農業構造、産地再編、農村活性化、地域マネジメント組織、6次産業化、農産物直売所、福祉との連携など。

    ひとこと

    大きな変革の時代を迎えている農山漁村。現場の動きを捉え、地域再生の方向を一緒に考えていこう!

  • 小田 清隆

    ODA Kiyotaka

    専門分野:都市農村交流論

    学べること

    都市と農村の交流をキーワードとして、座学だけでなく、多くの実習・実体験を通して地域活性化のスキルを身につけることができます。現場主義で地域貢献を進めます。

    ひとこと

    「地域活性化」と言葉でいうのは容易いですが、実現は困難です。待っていては何も変わりません。積極的に現場に出かけて一緒に活動しましょう。地域には、若い力が必要ですし、期待されています。

  • 大谷 尚之

    OTANI Naoyuki

    専門分野:地域づくり論

    学べること

    食品のマーケティング、コンテンツ(食、アニメ作品など)の地域的活用

    ひとこと

    何ごとも柔軟に考えたいと思っています。簡単なことではありませんが、広い視野を持って学んでください。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.