「第2回社会共創学部FD研修会」を開催しました

「第2回愛媛大学社会共創学部FD研修会を開催【平成27年12月12日(土)】」

このFD研修会は、平成28年4月に愛媛大学へ新たに設置される「社会共創学部」における教育・研究の在り方についての情報交換及び具体的な実施方法を検討することを目的とし、本学部へ所属予定となる教職員36名が参加しました。

01
《開会挨拶》

はじめに、本学部の設置理念、教育研究手法の概要、トランスディシプリナリー教育とは何か、トランスディスプリナリー教育を用いた授業展開をするために必要な要素を解説し、次に4グループ(4学科)に分かれグループワークを行い、フィールドワーク科目を実施する際に生じる課題抽出や、学部・学科・コースにおける理想のトランスディシプリナリー教育について検討しました。各グループからは、「学生へ目標設定・プロセスを明確化させるため、課題には多面的な要素があることや、価値観の多様性を理解させた上で、実社会に関与するための傾聴力を修得させる必要がある」、「学生が何を求めて本学部に入学するのかを把握・分析し、入試方法や教育内容の見直しも検討が必要である」、「理論と実践(現実)との違いを認識させ、積極的に専門外の科目の履修を行うなど、主体的に行動できる人材を育成する上で、トランスディシプリナリー教育が重要となる。」など多岐にわたる提案が発表されました。

02 03
《トランスディシプリナリー教育の説明》  《グループワークの様子》

本研修会において議論された、問題点や具体的な方策については、今後の学部運営及び教育・研究に活かしていく予定です。社会共創学部では学部内の情報共有及び教育・研究のスキルアップのため、今後も継続してFD研修会を実施していきます。次回第3回のFD研修会は平成28年1月15日(金)開催予定です。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.