スポーツボランティア研修会を開催しました

7月27日(水)、スポーツボランティア研修会を行いました。

社会共創学部は2016年度より、NPO法人日本スポーツボランティアネットワークの正会員となり、本研修が実現されたものです。本学部スポーツ健康マネジメントコースのほか教育学部学生、ステークホルダー関係者26名の参加の下、3時間の充実した研修が行われ、スポーツボランティアについて幅広い考え方を身につける機会となりました。

研修の様子(コミュニケーション)

研修の様子(コミュニケーション)

スポーツボランティア研修会のプログラムは、「スポーツボランティアの定義」、「スポーツボランティアに関する統計」、「障がい者スポーツについて」などの講義やワークショップで構成されています。東京マラソンでの実践例などは、今後の愛媛県におけるスポーツボランティアに対する大きなヒントを与えてくれる素材でもありました。研修全体を通して、スポーツに対する既成概念を、改めて考察する良い機会となりました。また、研修会終了後には、学生とプロスポーツ球団などの地域のスポーツ関係諸団体とこれからのスポーツボランティアのありかたについてディスカッションを行い将来展望に可能性を感じる議論が展開されました。

今後本学部では、本研修の継続と、上位研修となるスポーツボランティア・リーダー研修会の実施を予定しています。また、本学部は、スポーツボランティアを含めた教育プログラム(国内・国外)の構築も目指します。このような学びを活用し、地域において地域の方々と課題を解決していける人材が数多く輩出することを願っています。

画像2

研修の様子(グループワーク)

 

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.