フィールドワークはじまります

社会共創学部では、トランスディシプリナリー教育の実施を学部教育理念に据え、フィールドワーク・インターンシップを実施します。社会共創学部のフィールドワークは3年次後学期にかけ、徐々にステークホルダーとの関わりを増す内容にするなど体系的に実施することが特徴です。

1年次生対象の「フィールド基礎実習」は2年次前学期に開講する「フィールド実習」のプレ授業と位置付けられ、学生のフィールドにおける主体性や、課題発見の基礎的能力を育成することを目的としています。

「フィールド基礎実習」では、1グループ6~7名でチームを組織し、県内の実習先を4カ所選定しフィールドワークを行います。授業2回目となる本日は、策定された行動計画書の発表があり、教員・学生間での質疑により、行動内容のブラッシュアップを図りました。いよいよ各グループが各所でフィールドワークを開始させます。

行動計画書について議論

 

行動計画書を共有

行動計画書を共有

社会共創学部フィールドワークの概要

社会共創学部フィールドワークの概要

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.