研究紹介

開発途上国の貧困問題を背景とする小規模金採掘による水銀汚染に関する研究

  • 教員: 榊原 正幸
  • 学科:
  • キーワード: 開発途上国、貧困問題、水銀汚染、地域イノベーション

研究概要

私の研究室では、開発途上国における金採掘という資源開発によるグローバルな水銀環境汚染を解決する道筋を明らかにするという研究に取り組んでいます。これらの金採掘地域では、水銀を用いて金を回収するという古来からの手法を用いているため、水・土壌・大気・生態系の水銀汚染が深刻な問題になっています。研究では、地域の住民との協働を基本として、金採掘による水銀汚染問題が深刻な東南アジア全体を俯瞰しつつ、(a)インドネシアの金採掘地域における水銀汚染低減のための事例研究、(b)インドネシアにおける水銀ゼロを目指す地域間ネットワーク研究、そして(c)東南アジア諸国の環境ガバナンス強化に関する研究、という異なる3つのレベルで研究を行っています。これらの研究によって、金採掘地域に地域イノベーションをもたらし、かつ民間レベルの多層的な環境ガバナンスを強化することによって、水銀環境汚染という地球環境問題を解決へと導く道筋を解明します。