教員一覧

学科で絞り込み: 学問領域で絞り込み:
  • 野澤 一博

    NOZAWA Kazuhiro

    専門分野:産業立地論

    学べること

    地域間格差など地域経済の分析、産業集積と地域産業の盛衰、地域活性化のための地域イノベーション

    ひとこと

    地域経済は、まるで生きもののように成長したり、衰退したりします。そのメカニズムについて一緒に考えてみませんか?

  • 若林 良和

    WAKABAYASHI Yoshikazu

    専門分野:水産社会学

    学べること

    1.漁村など地域の社会構造と生活文化、2.フードシステムをもとにした水産振興、3.ぎょしょく教育による地域理解教育と漁村コミュニティの活性化、4.カツオに関するトランスディシプリナリー研究

    ひとこと

    海を舞台に、魚と人のフィールドワークに魅了されて約35年。フィールドでの体験から、新たな価値を共に創出しよう! 語らい~働きかけを通した学びの素晴らしさ、水産・地域社会研究の面白さを共に実感しよう!!

  • 羽鳥 剛史

    HATORI Tsuyoshi

    専門分野:交通工学

    学べること

    公共ガバナンスと合意形成論、公共政策のための社会心理学、社会的コンフリクト分析、地域学習とまちづくり支援

    ひとこと

    都市・地域計画に関わる工学的素養だけでなく、政治学、社会心理学、社会学、経済学をはじめとした社会科学の諸分野を学びながら、地域デザインや地域防災の問題に一緒に取り組んでいきましょう!

  • 渡邉 敬逸

    WATANABE Hiromasa

    専門分野:人文地理学

    学べること

    地域社会の伝統的な環境利用、伝統的景観、自然や社会との関係に課題を抱える地域(中山間地域や被災地などの条件不利地域)の再生等をテーマに、課題の構造や実践的な解決方法を学びます。

    ひとこと

    人間は環境を利用し、改編し、時に創りだす中で様々な社会問題に直面します。こうした問題は単一の視点では解決できません。地理学、民俗学、社会学等の諸分野を学びながら人間と環境とのほどよい関係を共に探求してみませんか?

  • 寺谷 亮司

    TERAYA Ryoji

    専門分野:地理学

    学べること

    文化資源(特にお酒など飲食文化)を活用した地域の活性化、外国(特にモザンビークなどアフリカ諸国)との交流や異文化理解、地域調査手法と地域調査の実践、都市の内部構造と都市システム、まちづくりの種類と実践

    ひとこと

    皆さんと一緒に、フィールドへ出かけ、様々な人の話を聞き、地域をよく観察し、地理情報システム(GIS)を使って収集情報から地図や図表を作って、調査成果を議論したいです。

  • 村上 恭通

    MURAKAMI Yasuyuki

    専門分野:考古学

    学べること

    地域に遺された文化財や歴史遺産が「いつ」の「何」であるのかを明らかにし、その地域にとっていかなる意味をもっていたかを解明したうえで、現在の地域社会にとっての意義や活用法について学ぶことができる。

    ひとこと

    文化財や遺跡は教科書で学んできたものだけではなく、私たちの身の回りに無数にあります。自分たちで地域を歩いて、名もなき文化財や遺跡を丁寧に調べ、光を当て、教科書には載らない地域の歴史や文化を一緒に明らかにしましょう。そしてその成果を地域の人と共有し、地域社会で活かしてもらえる喜びをともに味わいましょう。フィールドはみんなを待っている!

  • 井口 梓

    IGUCHI Azusa

    専門分野:観光文化論

    学べること

    観光文化論(さまざまな文化と観光との関わり)、地域文化を活かした観光やまちづくり、観光史からみた観光地形成、産業観光や遺産観光、エコツアーなどニューツーリズムの展開

    ひとこと

    文化資源マネジメントのひとつとして、観光があります。風土、産業、暮らし、衣食住、伝統文化や民俗慣習など、固有の文化を活かした持続的な観光振興やまちづくりについて一緒に研究しましょう。

  • 淡野 寧彦

    TANNO Yasuhiko

    専門分野:地理学

    学べること

    農業・食文化の活用による地域振興、身の回りの生活に関する空間的思考、生活や場所に対するイメージや行動に関する分析

    ひとこと

    社会の様々な事象について、いきなり難しく考えたり専門的な知識を勉強したりするのではなく、自分の身近な内容から読み解く力を身に付けてもらえるように指導しています。

  • 槙林 啓介

    MAKIBAYASHI Keisuke

    専門分野:考古学

    学べること

    私たちが住む地域の歴史・文化は想像以上に豊かです。しかし、それらを私たちはまだまだ知りません。手がかりとなる遺跡の発掘や文化財保存の方法、文化資源をめぐる行政と社会のしくみ、そして活用の方法を学びます。

    ひとこと

    歴史遺産や文化財を、これからの地域社会に活かすことが今、切に求められています。私たちは、地域の歴史をきちんと把握をせずに前に進むわけにはいきません。その為に、学術的な基礎をしっかりと学んでください。

Copyright c Faculty of Collaborative Regional Innovation, Ehime University All rights reserved.