社会共創学部 パンフレット
4/16

文理融合の多彩な教育の展開学びたいことはすべてここに社会共創学部では、高等学校までの文系・理系に分かれた学びではなく、学部内のさまざまな学科・コースが展開するカリキュラムを通じて、文系・理系の両方から社会共創の基礎となる知識や理論を学びます。このため、様々な研究バックグラウンドを持つ50名を超える教員スタッフが多様な授業を展開していきます。社会共創に必要な専門知識文化・観光経済・経営農山漁村防災スポーツ・健康紙産業ものづくり環境水産業人文学系 5名経済・経営学系 15名社会学系 2名理学系 3名工学系 10名農学系 11名医学系 1名環境系 3名体育学系 5名教員スタッフ社会共創学部が実施する「トランスディシプリナリー教育」既存の学問分野を最大限活用するとともに、学生とステークホルダーが「課題解決思考力」※1と「サーバントリーダーシップ」※2を活用することによって生まれる知の統合を図る「トランスディシプリナリー教育」が地域社会を導く原動力になると考えられます。※1 課題解決思考力:文系や理系の幅広い教養や専門に特化した知識を修得し活用する力や物事の本質を多面的に捉える力。 ※2 サーバントリーダーシップ:仲間やステークホルダーを自らが支えることで、双方の信頼関係を強固にして協働する能力▶ Column合計55名(H28.4.1現在)3

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です