お知らせ詳細

2018.01.19 ACTIVITY

【平成30年2月21日(水)開催】社会共創フォーラム「第2回 社会から求められるリーダーシップ教育を考える」を開催!

高校までの自分、大学での自分、これからの自分を見据えた、大学教育におけるリーダーシップ教育について考えます。今回は、これからの地域をビジネスの知見から支える立場で探求されている忽那 憲治氏(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科副研究長:教授)と、アジアを代表する社会起業家の立場としての喜多恒介氏(株式会社キタイエ:代表取締役)、地域のリーダーとしての稲葉隆氏(大一ガス:常務取締役)を交え、社会共創学部におけるサーバントリーダーシップ教育について、人・地域・グローバルという視点からその存在価値を確認します。

●日時:平成30年2月21日(水) 13時00分~15時30分
●場所:愛媛大学南加記念ホール(256人収容)    
●共催:愛媛大学社会共創学部、特定非営利活動法人日本サーバント・リーダーシップ協会
●対象:社会共創学部学生・教職員

<プログラム>
総合司会:松村 暢彦(社会共創学部教授)
  • 講演1:忽那 憲治氏(神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 副研究長:教授)
    演題:イノベーションの創出とアントレプレナーシップ
    神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科公式ホームページ
    忽那憲治研究室公式ホームページ
  • 講演2:喜多 恒介氏(株式会社キタイエ:代表取締役)
    演題:社会が求めることは、君が求めること~平成世代のリーダーが実践するオーセンティックリーダーシップとは~
    株式会社キタイエ公式ホームページ
  • パネルディスカッション:「大学におけるリーダーシップ教育を考える」
    【パネリスト】
    忽那 憲治氏
    喜多 恒介氏
    稲葉 隆氏(大一ガス株式会社)
    山中 亮(社会共創学部准教授)
    【コーディネーター】
    園田 雅江(社会共創学部准教授)