学科長メッセージ

MESSAGE.産業マネジメント学科長経済学、経営学分野の学びを問題解決に活かす

専門:情報産業論
岡本 隆専門:情報産業論

産業マネジメント学科には、ミクロ経済学、経営工学、マーケティング論、会計学、地域経済論といった経済学、経営学分野を研究する教員が所属しています。教育プログラムでは、体系的なカリキュラムの編成を行うとともに、理論的な専門教育と課題解決型の実践教育を連動して学ぶことができるように授業を構成しています。
私たちが暮らす社会は急速に変化しています。これまでと同じ状態が続くという考えはナンセンスです。さらに地域社会であっても世界の動きと無縁でいることは不可能です。このような社会で生じる問題を解決できる人材になるには、経済や経営を学び、その知見を実際の現場で活用する、その往還が不可欠です。問題の原因を探り、解決の方向性を考え、解決したいと願う皆さんのために、産業マネジメント学科は新しい教育プログラムを提供しています。地域に欠かすことのできない人材になることを、一緒に目指してみませんか?

MESSAGE.産業イノベーション学科長幅広い専門性を活かし、地域産業に‟イノベーション″を起こす

専門:制御工学、ロボット工学
山本 智規専門:制御工学、ロボット工学

急速に進む高齢化やグローバル化に対して、従来の専門技術や生産手法では解決できない課題が山積しています。産業イノベーション学科では、愛媛県の地域産業に関連した海洋生産科学コース、紙産業コース、ものづくりコースの3コースが設置されています。
コースごとの特色や専門性に加えて、経営・管理・市場・経済など、幅広い内容を学ぶことができます。さらに、様々なステークホルダーと協働する実践的な授業も用意されています。これらをバランス良く身に付け、文系理系といった枠組みを飛び越えて、複雑に絡み合った産業の課題を解決する‟イノベーション″を起こせる人材を育てるべく、教員一同頑張っています。ぜひ一緒に‟イノベーション″を起こしましょう!

MESSAGE.環境デザイン学科長自然科学と社会科学から、持続可能な社会を追求する

専門:土木施設工学
バンダリ・ネトラ・プラカシュ専門:土木施設工学

今、人間社会は豊かな生活の場を作り出していると共に、地球環境を破壊してきたことや自然力と戦わざるを得ない状況を生み出していることに間違いありません。今世紀に入って我々は、安全安心な地域社会づくりや豊富な地球環境づくりに力を入れてきていますが、過去20年間を振り返ってみると世界各国で発生した自然災害やそれらによる人的・物的被害は衝撃的な規模であります。自然災害を引き起こす自然現象は、主に太陽と地球内部の熱エネルギーが原因で発生します。一方で、これらの現象と直面せざるを得ない我々のニーズや地球環境破壊の原因となっている我々の活動等が、地球に対する太陽からの熱エネルギーの伝わり方やその量を変化させており、近年では気象災害が増加している傾向がみられます。
環境デザイン学科では、主に「自然災害」と「地球環境」を中心に豊かで安全安心かつ持続可能な地域社会環境づくりについて学ぶことができます。我々は今まで学問分野を「自然科学」と「社会科学」に大分類し、専門的にそれぞれを別々に学んできましたが、本学科では自然災害、環境、地域社会のしくみに関する自然科学的観点とこれらと調和した社会づくりに向けた社会科学的観点から文理融合型教育研究に取り組んでいます。

MESSAGE.地域資源マネジメント学科長地域の活性化を目指す貴重な人材(資源)に

専門:運動生理学
浅井 英典専門:運動生理学

地域資源とは何を指しているのでしょうか?自然環境、街と根付いている風俗・習慣、食文化、産業、伝統行事・イベント、歴史的遺産、スポーツ文化、そして住んでいる人々自身が「地域の貴重な資源」と捉える事ができます。
我が国は、高齢化率が28%を越え、世界で最も高い国になっています。さらに大都市と地域との格差や人々が支え合うコミュニティが希薄化している現在にあっては、コミュニティを再生し、地域の活性化を促進する人材の育成が強く求められています。
地域資源マネジメント学科には農山漁村マネジメントコース、文化資源マネジメントコース、スポーツ健康マネジメントコースの3つのコースがあり、食文化や環境資源を支える農山漁村の振興、地域の文化遺産や伝統文化の継承と活用、スポーツを通じた住民の健康づくりとふれあいの活性化等々を目指しています。4年間にわたる大学での学びと多彩なフィールドワークやインターンシップ等への取り組みは、皆さん自身の成長の大きな糧になることを確信しています。私達の住む地域の活性化に教員と共に取り組み、自分自身が貴重な人材(資源)になることを目指しましょう。