学科長メッセージ

MESSAGE.産業マネジメント学科長経済や経営を学び、地域問題の解決を探る

専門:原価計算・管理会計
岡本 直之専門:原価計算・管理会計

産業マネジメント学科には、ミクロ経済学、情報産業論、経営工学、マーケティング論といった経済学、経営学分野をカバーする教員が所属しています。教育プログラムでは、体系的に学ぶことができるようなカリキュラムを編成するとともに、理論的な専門教育と課題解決型実践教育を連動させるよう構成しています。
社会は常に変化しています。例えば人口減少が進行した場合、地域で暮らす人々の生活や企業、自治体はどのような影響を受けるでしょうか。このような変化や、そこで生じる問題の多くは経済・経営とつながっています。問題の原因を探り解決の方向性を考え、解決したいと願う皆さんのために、産業マネジメント学科は新しい教育プログラムを提供しています。そして将来、地域に欠かすことのできない人材になっていて欲しいと考えています。

MESSAGE.産業イノベーション学科長実践と科学の知で、産業課題を紐解く

専門:材料強度学
髙橋 学専門:材料強度学

産業構造が大きく変化している中で、従来の専門技術や生産方法だけでは解決できない課題が山積しています。産業イノベーション学科には、愛媛県の地域産業を題材に海洋生産科学、紙産業、ものづくりの3コースが設置されています。コースの特色や専門性はありますが、個々の専門知識のみならず、経営・管理、市場・経済などの知識を得ることで横断的な広い学問知を学べます。一方、様々な専門家やステークホルダーと協働する実践知も数多く体験できます。この二つの知をバランス良く身に付け、複雑な産業課題を解決するための最適解を導いてみませんか。文系理系といった枠組みを取り払い、多様な考えを結び付けたイノベーションを創り上げましょう。

MESSAGE.環境デザイン学科長持続可能社会の自然的・社会的基盤をよく理解し、しっかり支える

専門分野:基礎生態学・水域生態学
大森 浩二専門分野:基礎生態学・水域生態学

人は、背後に山を持つ水辺に「安心立命」を感じるといいます。現代の景観論でいう生きられる景観ということでしょうか。それは、さかのぼれば、安全で柔らかい食べものがある森林の樹上から、強力な捕食者が徘徊する、堅い種子か骨か、根っこしか食べるもののない草原へと数百万年をかけて進出し、完全な草原性霊長類として唯一生き残った人類の忘れがたき過去の記憶なのかもしれません。近年唱えられている持続可能な社会とは、このような環境を基盤として構築されていくのでしょう。しかし、人類祖先の地であるアフリカとは異なり、夏多雨の変動帯に位置する日本や東南アジアでは、そこは災害の巣ともなり得ます。本学科では、この矛盾をいかに解決すべきか各方面から研究するとともに現場でこの問題を解決できる多芸多才な人材育成に取り組んでいます。

MESSAGE.地域資源マネジメント学科長 地域資源を活かした活動を実践する

専門:アフリカ都市・酒文化・<br>まちづくりの研究
寺谷 亮司専門:アフリカ都市・酒文化・
まちづくりの研究

地域資源とは、地形・気候・植生などの自然環境から、歴史遺産・景観・伝統行事・イベント・飲食文化・芸術・産業・特産品・住民さらには人々の暮らし・慣習・価値観など、地域に存在するあらゆるものを意味します。いま、日本の都市や農村で起きている人口減少やコミュニティ活動の停滞などの地域課題に対して、様々な地域資源を再評価して活かす活動が注目されています。地域資源マネジメント学科には、そうした活動を研究し実践する3つのコース(農山漁村マネジメントコース・文化資源マネジメントコース・スポーツ健康マネジメントコース)があります。地域ステークホルダーとの協働を通じて、農山漁村の振興、地域の文化資源の活用、スポーツ活性化と健康保持促進活動を、多彩な教員と一緒に実感してみませんか。