就職支援体制

就職支援課と連携して、就職情報の提供、進路・就職相談、採用説明会の開催、インターンシップの推進などを行うとともに、学生一人一人の希望に沿った支援を実施します。また、社会共創学部においては、学生の学生生活担当教員による就職相談・指導なども行います。

就職・キャリア支援

上記のほか、社会共創学部には、キャリア形成に関連する正規の授業科目があります。2年次には必修科目として「インターンシップ入門」を開講しています。企業、団体などの就労現場を体感し、現時点での自分なりの働く意味や意義を考えることを目的としています。授業は、事前指導などを行ったあとに、企業、団体などにおける実習(夏季休業中の2日間)をグループ単位で行います。また、実習後の事後指導において、学生は学修のふりかえりを行い、これからの学びやキャリアを考えることにしています。
3年次以降には、選択科目の「インターンシップ実践」「インターンシップ応用」が開講されます。これらの科目では、自分の希望進路を踏まえた就労現場で、より実践的な就労体験をすることができます。これらの授業科目を通して自分自身のキャリア意識が形成されていきます。

授業紹介「インターンシップ入門」