産業イノベーション学科

地域と共に考え行動し、未来の産業を切り拓く

農学系・工学系の学問領域を踏まえた新たな教育体系をベースとし、
愛媛県の特色でもある水産業・紙産業・ものづくり産業を中心とした教育を通じ、
日本の産業社会において、技術・技能、経営に関して改善提案できる、未来の産業を切り拓く人材を育成します。

海洋生産科学コース

世界的な人口急増のなかで、水産業の果たす役割と意義、さらに、養殖業の使命は今後、益々大きくなっていく一方で、愛媛県における水産業の衰退が課題となっています。このために、生産技術・海洋環境・流通システムの開発など水産振興に向けた研究開発と人材育成が求められています。
本コースでは水産に関わる「生命科学」・「環境科学」・「社会科学」の3つの領域を通して、専門領域を超えた、幅広い高度な海洋生産科学の専門的な知識と理論を学びます。そして、地域密着型の先端的な研究施設である南予水産研究センター(愛媛県南宇和郡愛南町)と密接に連携しながら、南予地域を中心としたフィールドワークやインターンシップ、実験・実習を系統的に行い、地域水産業の諸課題解決に導く実践的な能力を身に付けます。

紙産業コース

近年、紙産業界は経済のグローバル化が急速に進んでいるほか、愛媛県では急速な高齢化に伴う、技術者不足が深刻な状況にあります。このため、複雑多様化する紙産業の将来に対応するためには、企業活動の更なる発展に向けた研究開発機能の強化と、それを支える人材養成が求められています。
本コースでは、製紙技術論、紙加工製品技術論等の「技術」に関する科目と、マネジメントやマーケティング等の「技術経営」に関する専門的科目を学ぶとともに、紙や紙産業の現場を理解するために企業見学や実習を多く取り入れ、自らの「五感」を使った学習を通じて紙製品の製造や経営に関する実践力を身に付けます。

ものづくりコース

愛媛県の産業界では、経済のグローバル化や高度に発達した産業・流通システム、生産過程の複雑化に加え、急速な高齢化に伴う、技術者不足への対応が重要な課題となっています。このため、製品の設計から生産、経営、環境に精通したストーリーを描き、それらのプロセスや結果を説明できる地域産業の担い手となるエンジニアが求められています。
本コースでは、設計、加工、回路設計、メカトロニクスなどの専門科目と各専門科目に対応した実験・実習・演習を学ぶことに加え、地域産業の技術課題の解決を試みる課題解決型学習教育や地域密着型体験学習を通じて、設計・製造からマーケティングまでを一貫して考える実践的な技能を身に付けます。

カリキュラム

授業紹介はこちら

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー(AP))

産業イノベーション学科では以下の入学者受入方針を定め、これに基づき、総合問題、面接、グループディスカッション、活動報告書・志望理由書・調査書により評価するアドミッション・オフィス入試(AO入試)Ⅰによる入学者選抜を実施します。

<求める入学者像>

知識

  1. 高等学校で履修する範囲の基礎学力又は水産業や工業などに関する知識を有している。

思考・判断

  1. 目標を達成するために、産業に関わる様々な事象を多面的に考察し、論理的・総合的な考え方と判断ができる。

興味・関心・意欲・協働

  1. 地域社会の持続可能な発展に関心を持ち、水産業・紙産業・ものづくり等の産業イノベーションに積極的に関わろうとする意欲と熱意を有している。
  2. 様々な人々とグループワークをしながら、主体的に産業の問題の発見とその解決に取り組む姿勢を有している。

技能・表現

  1. 他者の意見を理解し、自己の考えを口頭又は文書でわかりやすく表現できる。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー(CP))

産業イノベーション学科は、愛媛県の特色である水産業・紙産業・ものづくりを中心とした教育を通じ、日本の産業において技術・技能、経営に関して改善提言できる人材を育成するために、産業イノベーションの基本となる基礎専門知識を修得するとともに、実験・実習等により現場での実践基礎力及び課題解決能力を養います。

  1. 産業イノベーションに関する基礎知識を幅広く学修し、水産業・紙産業・ものづくりを学びの場とし、産業社会に関する必要な専門知識を順次に修得できるように、共通教育科目、基礎力育成科目群、課題解決思考力育成科目群、実践力育成科目群、専門力育成科目群を配置します。
  2. 産業の発祥・成長・発展に関する基礎知識を学修した上で、学問的専門領域の視点から水産業・紙産業・ものづくりに関する知識や相互の課題について体系的に学ぶために、学科科目を配置します。
  3. 履修コース科目の必修科目及び選択必修科目では、広範囲に応用可能な基礎科目が配置され、さらに基礎知識を確実に修得できるように実験・実習等を開講します。また、企業経営的な視座を養うために、経営・マネジメント科目(他学科科目)を配置します。また、主体的に専門性を広めていく選択肢として、他学部科目の履修を推奨します。
  4. 自己デザイン科目として、他学科の専門力育成科目群、さらには、他学部との相互連携による専門教育科目を通じて、産業イノベーションに関わる自然科学・社会科学の双方を含んだ幅広い学問分野を学びます。
  5. 実践力育成発展科目として、地域ステークホルダーと協働して地域産業の課題解決に取り組み、地域産業の現状把握と実践力を育成するための科目を配置します。
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー(DP))

<学習の到達目標>

知識・実技

  1. 水産業・紙産業・ものづくり等の産業イノベーションに必要な基礎的知識、専門的知識を修得している。

思考・判断

  1. 地域産業に生起する諸課題を広範な学問領域の学際的思考から把握することができ、総合的に判断して解決策を提案することができる。

興味・関心・意欲・協働

  1. 水産業・紙産業・ものづくり等の産業の特徴、強み及び課題について、自ら積極的に関心をもち続けることができる。
  2. 地域社会を新たな価値創造へと導こうとする意欲を有し、産業振興と地域活性化のために、水産業・紙産業・ものづくり等の産業に関する諸課題の解決に取り組むことができる。

技能・表現

  1. 適切な調査・分析方法を用いて、産業イノベーションによる地域振興に必要な情報を収集・整理分析することができる。
  2. 自らの考えを的確に表現し、他者との間で討論・対話することができる。

リーダーシップ

  1. 水産業・紙産業・ものづくり等の産業に関する諸課題の解決へ向けて、サーバントリーダーシップを発揮することができる。

未来の地域産業界を支える人材に

近年、産業社会の急速な技術革新やグローバル化が進む中で、将来の産業界を支える人材の育成が急務となっています。愛媛県の地域産業においても、現場の技術を継承し、さらには新技術や新製品の開発を通じて、地域産業を発展させることのできる人材が求められています。産業イノベーション学科では、水産業、紙産業、ものづくり産業の盛んな南予、東予、中予地域を学びの場として、各産業に関する専門知識の習得に加えて、産業の現場に密着したフィールド実習やプロジェクト演習、各コースの専門的な実験・実習を通じて、知識を活用する力や課題を発見して解決する力を養います。ぜひ、われわれと一緒に、地域産業を盛り上げていきましょう。