お知らせ詳細

2020.03.02 教育

【2020年2月20日(木)】本学部の学生が独立行政法人国立青少年教育振興機構からボランティア活動の功績を称して表彰されました

2020年2月20日(木)、社会共創学部環境デザイン学科4年生の西原あかりさんが独立行政法人国立青少年教育振興機構(国立大洲青少年交流の家)より子ども達を対象としたボランティア活動の功績を称して表彰されました。
表彰された西原さんは、「6年間、法人ボランティアとして活動したことが表彰という形で評価され、大変嬉しく思います。事業の参加者や仲間から頼られることが活動を続ける原動力となりました。法人ボランティアとして活動していく中で、全国の仲間とつながれたこと、事業の企画運営に悩んだこと、事業参加者の笑顔を見たこと、すべてが思い出となっています。ここで得られた繋がり、経験はこれから必ず役に立つと思います。これからも周りの仲間と協力しながら様々な活動に意欲的取り組んでいきたいです。」とコメントを述べました。
今後、社会人になってからもボランティア活動を通じての活躍が期待されます。

※法人ボランティアとは、独立行政法人国立青少年教育振興が実施する「ボランティア養成事業」に参加し、同機構に登録しているもので、全国28か所の国立青少年教育施設でボランティアを行っています。主に、施設教育事業の運営補助・ボランティア自主企画の企画運営を行っています。

左から、国立大洲青少年交流の家 眞鍋所長、西原あかりさん、西村学部長