お知らせ詳細

2021.04.16 教育

【2021年3月20日(土)】産業マネジメント学科2年生の多賀谷直樹さんが、第1回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペ大学生部門において、最優秀賞を受賞しました

2021年3月20日(土)、NPO法人八幡浜元気プロジェクト主催の下開催された、「人とまちを輝かせる、地域資源を活用した若者たちのビジネスアイデアを競う第1回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペ大学生部門」において、産業マネジメント学科2年生の多賀谷直樹さんが最優秀賞を受賞しました。
多賀谷さんの発表演題は「フィッシュレザーをキーとした、持続可能な競争力の高い地域水産業システムの創出による地場産業への八幡浜地域特性活用振興型貢献とSDGs社会の実現」で、八幡浜の地域資源をうまく活用し、社会をさらに良くするビジネスアイデアです。

四国有数の魚市場である八幡浜市において、その魚種の多さや市場からの水産加工場の近さなどの地域資源の魅力を高めるとともに、相互作用性を高め、持続可能な競争力の高い地域水産業システムを構想しました。これにより、基幹産業を強化するだけでなく、八幡浜ならではの良さを発信し、シビックプライドの醸成や働きがいも経済成長も促進します。
八幡浜市の地域資源を発掘し、磨くだけでなく、新たな着眼点や豊かな発想として、地域資源の有効活用する点、ヒト、モノ、技術・ノウハウをはじめとする必要な経営資源を八幡浜市の地域資源によって完結させた上に、持続可能な人々の生活や世の中の仕組みの改善、地域・社会に貢献する解決策提案であった点、また、ニーズ把握により的確な顧客をつかみ、販売方法や広告・宣伝方法による商品・サービスの内容とマッチ性の高さなどが高く評価されました。