お知らせ詳細

2018.07.02 研究

「プロジェクトE」発表会で最優秀賞に選ばれました【平成30年6月14日(木)】

「プロジェクトE」は、学生が自発的な発想で調査・研究し、指導教員と相談の上遂行するプロジェクトです。 

2017年度に採択された10グループの成果報告会が、平成30年6月14日に愛媛大学で開催され、社会共創学部3年生(申請当時2年生)浅海咲彩さん代表(指導教員牛山眞貴子)他4名のプロジェクト「SSD 80〜楽しく幸せに歳を重ねよう!プロジェクト〜」が最優秀賞に選ばれました。 

プロジェクトメンバーは 以下のとおりです。

  • 地域資源マネジメント学科(スポーツ)3年  
     浅海咲彩さん尾崎真由さん西原愛美さん 
  • 産業マネジメント学科 3年 
     尾崎早織さん 
  • 地域資源マネジメント学科(スポーツ)2年  
     高智優菜さん

<指導教員>  
  地域資源マネジメント学科(スポーツ) 
  
牛山眞貴子 

このプロジェクトのタイトルSSD 80 は「Senior Song Dance 平均年齢ほぼ80歳」を略したものです。 
浅海さんたちは「長寿」が「幸せ」となかなか繋がらない時代の空気感を憂い、地域のシニアの皆さんに生き甲斐をもって楽しく幸せに歳をとっていただくために、今こそ大学生がアクションを起こす時だと考えました。対象地を松山市八坂地区に設定し、八坂のシニアの皆さん(八坂さくら組19名)から八坂の魅力を聞き取り、そこから八坂の歌とダンスを創り、週1回ダンスを一緒に練習しながら、シニアの皆さんとの交換日記、元気度チェック、健康調査を6ヶ月間行いました。この学生とシニアの共創はシニアが主役、大学生がサポーター(関係人口)の「シニアが幸せを実感できるまちづくり」のきっかけになるものと期待されています。 

 代表の浅海さんは「あまりにも思いがけない受賞で、言葉が見つかりません。牛山先生は腰を抜かしそうになったとおっしゃっていました。大学生が第3の人口=関係人口として活躍できる場所が至る所にあります。そのことを私たちは同世代にどんどん伝えていきたいと思います。指導くださった牛山眞貴子先生、社会連携推進機構の前田眞先生、秋丸国広先生、松山市市民課村上周平様、西法寺ご住職、八坂の皆さんに心から感謝申し上げます。」とコメントを寄せています。 

なお、このプロジェクトは平成30年度松山市市民活動推進補助金「次世代育成支援事業」に6月16日採択され、浅海さんを代表とする学生によるNPO法人を立ち上げ、平成30年度以降も継続して活動する予定です。