お知らせ詳細

2020.09.29 研究

【2020年9月25日(金)】村上恭通教授が制作協力した番組「アイアン・プラネット」が放送されました

地域資源マネジメント学科・文化資源マネジメントコースの村上恭通教授(愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター兼任)が制作協力したNHK・BSプレミアム「コズミック フロント☆NEXT-アイアン・プラネット」が9月24日(木)に放映されました。番組中には、村上教授らによるウクライナでの鉄器の発掘調査(スキタイ時代)やモンゴル・グング遺跡(古代製鉄炉)の発掘調査の様子が紹介されました。当番組は、9月30日(水)NHK・BSプレミアム午後11時45分から再放送があります。ぜひご覧ください。

番組概要:鉄と人類の壮大な歴史が明らかになりつつある。最初の出会いは、鉄の隕石。強度と万能性に気がついた人類はその後、「鉄を持つものが権力を握る」ようになっていく。今、ユーラシア各地で古代の製鉄遺跡などの発見が相次ぎ、鉄鉱石が豊富な山々の麓を東西に走る草原地帯に、人類が鉄を伝えた道が浮かび上がってきた。地球はまさに「鉄の惑星」。鉄は人類に何をもたらしたのか。世界各地の取材とCGからスケール豊かに描いていく。

NHKコズミックフロント☆NEXT