お知らせ詳細

2019.07.30 行事

【2019年7月20日(土)】「社会共創コンテスト2019」表彰式が開催されました

2019年7月20日(土)、愛媛大学南加記念ホールにて「社会共創コンテスト2019」表彰式を開催しました。
「社会共創コンテスト」は、社会共創学部と伊予銀行が共催するコンテストであり、身近にある地域課題の中で「自分自身」の立場からできること、できそうなことを見つけ出し、解決につなげていくことを多くの高校生のみなさんに実感していただくことを大きな目的としています。今年は昨年を大きく上回る342作品の応募がありました。
表彰式は愛媛大学 大橋裕一学長、伊予銀行 三好賢治代表取締役専務の挨拶で開会となりました。受賞作品名の発表の後、地域課題部門と研究・探求部門のグランプリ、準グランプリに輝いた4組の受賞者によるプレゼンテーションが行われました。それぞれの活動成果や研究成果、今後の展望など、応募条件であるA4用紙4枚の作品には収めることができなかった熱い思いを語っていただきました。また、各作品に対する質問に対しても、高校生の受け答えは堂々としており、課題に対する真剣さが感じられました。次に、社会共創学部産業イノベーション学科の学生からも「地域活性化に繋がるロボット プログラミング教室」のプロジェクト発表が行われました。
続いてグランプリ、準グランプリ、学生審査員賞、クリエイター賞、奨励賞受賞者の表彰が行われ、徐祝旗実行委員長の挨拶をもって表彰式は閉会となりました。
「社会共創コンテスト」は来年度も引き続き実施します。数多くのご応募をお待ちしております。
今回のグランプリ、準グランプリ、学生審査員賞、クリエイター賞の表彰状は、社会共創学部で開発された手漉きの芭蕉和紙が使用され、産業イノベーション学科の学生により、表彰状の作製及び筆耕が行われました。

※社会共創コンテストについてはこちら
※社会共創コンテスト2019受賞作品はこちら

 

表彰者記念撮影