社会共創コンテスト

『社会共創コンテスト2022』募集要項

募集受付期間:2022年3月1日(火)~ 2022年4月27日(水)

募集内容

高校等での課題研究、部活動、サークル活動、自主研究等の活動をもとに、高校生のユニークなアイデア・活動実績・研究成果まで幅広く募集します。

①地域課題部門

地域社会や地域課題に関わる発見、調査(インタビュー調査やアンケート調査)、提言などのアイデアもしくは活動実績を募集します。

②研究・探究・DS部門

地域社会の課題発見と解決につながる研究、実験、観察、DS(データサイエンス)分野などの研究成果を募集します。DS分野についてはデータ分析や統計解析等を用いた調査も含みます。また、研究成果は自然科学、社会科学などの分野は問いません。

過去の受賞結果はこちら

応募資格

全国の高校生(高等学校、高等専門学校1年生から3年生まで、専修学校高等課程、特別支援学校高等部、中等教育学校等含む)で2022年4月時点で当該の高等学校に在籍していることが必要です。
※1人または1グループで複数件応募することも可能です。

応募締め切り

郵送の場合:2022年4月27日(水)消印有効
電子媒体の場合:2022年4月27日(水)必着

応募方法

募集期間内に「エントリーシート」と「作品」を提出してください。「エントリーシート」は以下のURL上のフォームから送信してください。作品は、A4用紙4頁以内にまとめ、別途「作品タイトル」、「氏名(グループでの応募の場合は全員の氏名)」及び「学校名」を明記した表紙を添付の上、以下のあて先に郵送またはエントリーフォームから送信してください。
※電子媒体で応募される方は、PDF形式でご提出ください。提出いただいたPDFファイルについて、画像等が不鮮明な場合、別途郵送いただく場合がございます。

エントリーはこちら

※応募者全員に記念品を贈呈いたします。

郵送先

〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番
愛媛大学社会共創学部事務課社会共創コンテスト募集係あて

表彰

グランプリ 2件
 地域課題部門(伊予銀行賞)、研究・探究・DS部門(愛媛大学賞)

副賞(教育奨学金10万円)、記念品

準グランプリ 2件
 地域課題部門(社会共創カウンシル賞)、研究・探究・DS部門(社会共創学部賞)

副賞(教育奨学金5万円)、記念品

特別賞 2件
 地域課題部門(学生審査員賞)、研究・探究・DS部門(学生審査員賞)

副賞(図書カード2万円分)、記念品

奨励賞 数件

副賞(図書カード5千円分)、記念品

審査方法

5月上旬~6月下旬

応募書類に基づき書類選考いたします。
※審査結果は6月下旬~7月上旬(予定)に当コンテストサイトで公表します。

審査基準

作品について以下の審査基準をもとに審査します。

地域課題部門

  • 他の事例との違いがあるか・独自の考えを含んでいるか(独創性)
  • 持続可能な提案であるか(持続可能性)
  • 地域社会の課題をとりまく人々と共に活動している(できる)内容か(協働性)
  • 地域課題の解決に必要となる様々な知恵を活用しているか(知の統合)

研究・探究・DS部門

  • データや科学的根拠に基づいた研究であるか・科学的知見に立った分析であるか(学術性)
  • 持続可能な提案であるか(持続可能性)
  • 地域社会の課題をとりまく人々と共に活動している(できる)内容か(協働性)
  • 多面的な領域に跨った研究であるか(学際性)

審査員

社会共創学部長、伊予銀行地域創生部長、愛媛県企画振興部政策企画局長、愛媛県教育委員会事務局指導部長、愛媛新聞社専務取締役、愛媛県中小企業家同友会代表理事、公益財団法人松山観光コンベンション協会事務局長、社会共創学部教員(2名)、社会共創学部学生(4名)

表彰式

2022年7月16日(土)午後 愛媛大学南加記念ホールで開催し一般公開となります。(予定)

注意事項

  • 応募作品は、受賞歴がないものに限ります(ただし学校内の受賞歴はこの限りではありません)。また他者の権利を侵害してはいけません。
  • 応募書類の返却はいたしません。
  • 審査についての個別の問い合わせには応じかねます。
  • 応募した部門について、その内容から審査員が適切と判断した場合、変更することがあります。
  • 表彰作品は、氏名・所属学校名を付し、当該受賞作品とともに当コンテストサイトで公表いたします。

主催

社会共創コンテスト実行委員会

共催

愛媛大学社会共創学部、株式会社伊予銀行

後援

愛媛県、愛媛県教育委員会、愛媛新聞社、愛媛県中小企業家同友会、公益財団法人松山観光コンベンション協会、四国地区国立大学連合アドミッションセンター